講演会のお知らせ

来る1月24日、以下の要領でイラン語における分裂能格に関する講演会を開催します。興味のある方はご自由に来聴ください。

講演者:Thomas Jügel 博士(日本学術振興会、京都大学)
題目:The emergence of ergativity in Iranic
講演の言語:英語(通訳なし)
日時:1月24日(木) 14:30~16:00
場所:言語学演習室(文学部3号館6階3604)
担当者:小林
要旨:
Iranic languages are famous for split-ergativity that appears in the
past tense domain. This constraint has given rise to interpreting
ergativity as “tense-sensitive” (Haig 2008 on Iranic) or
“tense-conditioned” (Coghill 2016 on a similar case in Aramaic). The
origin of the ergative construction was said to be a passive /
possessive / agential or non-canonincal subject construction.
In this talk I will illustrate the development of the ergative
construction in Old and Middle Iranic focusing on the question of its
origin and its spread in the verbal system.

Coghill, Eleanor (2016): The Rise & Fall of Ergativity in Aramaic –
Cycles of Alignment Change, Oxford: Oxford University Press.
Haig, Geoffrey (2008): Alignment Change in Iranian Languages – A
Construction Grammar Approach, Berlin: de Gruyter.
Jügel, Thomas (2015): Die Entwicklung der Ergativkonstruktion im Alt-
und Mitteliranischen – Eine korpusbasierte Untersuchung zu Kasus,
Kongruenz und Satzbau, Wiesbaden: Harrassowitz.

卒論口述試験・発表会のお知らせ

下記の要領で卒業論文口述審査・卒業論文発表会を行います。卒論執筆者だけでなく、学部3、4年生は全員出席して下さい。
体調不良、就職活動などやむを得ない事情で出席できない場合はご相談下さい。
終了後に研究室の打ち上げを行う予定です。大学院生、研究生も参加できます。

卒業論文発表会
日時:2019年2月6日(水)
開始:10:25 (予定)
終了:17:00 (終わり次第)
場所:法文1号館314

発表時間
1人あたり30分(発表10分+質疑応答20分)
発表資料の準備についてはメーリングリストで指示します。