最終更新 2014/01/10 mk

東京大学言語学論集(TULiP)第37号原稿募集

次号(第37号)の原稿を募集します。以下のガイドラインに従ってください。応募される方の資格は問いませんが、採否は編集委員会で決定します。

論文の執筆と提出は以下の執筆要領に従ってください。

こちらから、「執筆要領」に定めた原稿様式を図式化したPDFファイルと、Microsoft Word のテンプレートをダウンロードできます。必要に応じてお使いください。

締切

【注意】締切は2016年4月27日(水)必着です。

原稿送付先

〒 113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1
東京大学大学院人文社会系研究科 言語学研究室
『東京大学言語学論集』編集委員会 宛

投稿の際に提出するもの

執筆要領

  1. 提出する論文は、写真製版のための完成原稿とする。
  2. ページ数は制限しないが、編集委員会の決定により削減することもある。
  3. A4用紙に印刷する。余白は、上下左右:35・25・30・30mmとする。
  4. 原稿整理用の暫定的なページ番号を各ページの下中央に印刷する。
  5. 提出原稿にはヘッダーを印刷しない。
  6. 和文論文は、10.5ポイント・1行42字程度・1ページ36行とする。
  7. 欧文論文は、10.5ポイント・1行85字程度(和文ワープロソフトで1行の全角文字数42字の設定に相当)・1ページ40行とする。
  8. 注は原則として脚注とし、和文・欧文とも9ポイントとする。
  9. 原稿は次の順序・様式で印刷する。
  10. 本論集に投稿された論文は、東京大学学術機関リポジトリ(UT Repository)での公開を原則とする。
より詳しくは第36号の巻末をご参照下さい。
トップページへ