2005年度時間割

言語学研究室の教員(非常勤講師を含む)の授業です。言語学専修課程の単位としての認定科目については、4月に配布される学生便覧の所定のページを参照してください(ただし多分野講義「言語の多様性と普遍性」(火5)は言語学専修課程の認定科目にはなりません)。

また大学院の「高次脳機能生理・病態学」・「音響音声学」の場所と日程については、情報が入り次第研究室入り口に掲示します。

科目名の前の★をクリックすると、「授業案内」のページへ行くことができます。

 
2 比較言語学(I)(II)(熊本)   言語学概論
[夏](林)・[冬](西村)
*言語学演習[夏](林) *印欧語比較研究(I)(II)(熊本)
3 言語学演習
(全教員)
音声学(上野)
高次脳機能生理・病態学
[夏](高山)[医]
音響音声学
(廣瀬)[工]
日本語文法の諸問題(菊地)
*野外調査法演習[夏](林)
意味論と語用論の接点[冬](西山 佑司)
*認知文法研究(I)(II)(西村)
4   日本語アクセント論[夏](上野)
*音韻論[冬](上野)
語の意味論:理論と分析[冬](山田 進) 韓国語調査法
(福井)
イラン語文献学概説(熊本)
社会言語学[冬](荻野 綱男)
5 原典を読む[冬](熊本) 言語の多様性と普遍性[教養1・3]
(各教員)
[駒場]
  文法と意味[冬](西村)
[駒場]
 


集中講義

機能的構文論研究 高見 健一 夏 (7月)
アフリカ・ナイル諸語の通時的研究 稗田 乃 冬 (12月)


注: 学部授業 / 大学院授業 / 共通授業 / * = 学部の演習の単位となるもの



トップページへもどる