2011年度時間割

ここにあげられたものの他、学部の言語学特殊講義として認定される認定科目については、4月に配布される学生便覧の所定のページを参照してください

また大学院の「音響音声学」の場所と日程については、情報が入り次第研究室入り口に掲示します。

なお、[夏][冬]とあるのはそれぞれ夏学期・冬学期のみの授業(2単位)の開講、(1)(2)とあるのは夏学期に(1)・冬学期に(2)がそれぞれ2単位の授業として開講されることを示し、その表記がないものは通年の4単位授業です。

ただし、今年度に限り、「音声学」は、音声学(1)[林・小林担当]、音声学(1)[林担当]、音声学(2)[林担当]が開講されます。このうち冬学期の「音声学(1)[林・小林担当]」は、言語学専修課程進学内定者を含む2年生に向けて開講されるものです。3年生以上の学生は、夏学期の「音声学(1)[林担当]」と冬学期の「音声学(2)[林担当]」の両方を受講してください。この両者を併せて必修の4単位になります。

言語学概論」は、冬学期の水曜2限・木曜2限の2つの講義を両方受講してはじめて4単位になります。2単位ずつの取得は認められません。

「授業内容」については、別ページにまとめてあります。各授業名のあとの(⇨)、または(1)(2)の部分をクリックしても表示できます。さらにより詳しい情報は、UT-mate のページをご覧ください。
 → https://ut-gakumu.adm.u-tokyo.ac.jp/websys/campus

 
2   日本語教育と日本語文法(⇨)
(菊地康人)
*音韻論研究
(1)(2)
(小林)

言語学概論(⇨)
[冬] (林・西村)

精読・中国語文法研究(⇨)
[冬](木村英樹)
*印欧語比較研究(⇨)
[冬](小林)

言語学概論(⇨)
[冬] (林・西村)
*チュルク諸語研究(⇨)
[夏] (林)

*ダイクシス研究(⇨)
[冬] (林)
3   言語学演習(⇨)
(全教員)
比較言語学
(1)(2)
(小林)

音響音声学(⇨)
(廣瀬啓吉)[工]

ことばと人間(⇨)
[冬](西村ほか)
書記言語の通時的研究における諸問題(⇨)
[冬]
西村・永澤
音声学
(1)(2)
(林)
4 日本語方言アクセント研究の諸問題(⇨)
[冬](松森晶子)
認知文法入門
(1)(2)
(西村)
音声学(1)
[冬](林・小林)

日本文法研究(⇨)
(尾上圭介)
中国語中古音入門(⇨)
[冬](遠藤光暁)
類型と変化の中に見る文法のダイナミクス(⇨)
[夏]
(中山俊秀)
5 日本手話研究
(1)(2)
(市田泰弘
赤堀仁美)
*認知文法研究
(1)(2)(西村)

言語学とフィールドワーク(⇨)
[夏][駒場]
(小林)

韓国朝鮮語文法研究(1)(2)
(福井玲)
  漢字の歴史(⇨)
(大西克也)


集中講義



文献を用いた言語研究の方法: 中央アジア出土文献を資料にして(⇨) 吉田 豊

注: 学部授業 / 大学院授業 / 共通授業 / * = 学部の演習の単位となるもの



トップページへもどる