2004年度 授業内容

言語学専門分野(学部)および大学院との共通授業

科目名    言語学概論
担当教官   上野 善道 学期:  夏冬 4単位 曜日・時限 水2
言語学の主要な分野を全般的に取り上げ、その基本的な考え方と基礎的な概念について講義をする。特定の理論的枠組みにはこだわらない。主に前半は総論として言語の基本的性質を講じ、後半は各論として言語学の基礎的分野を順次解説する予定。
テキストは特に用いないが、参考書は必要に応じて紹介する。
評価は、夏学期と冬学期のそれぞれ最後に筆記試験を行ない、その合算で行なう。


科目名    音声学
担当教官   上野 善道 学期:  夏冬 4単位 曜日・時限 火3
 音声を正しく聞き取って書き取り、かつそれを発音できるようでなければ、未知の言語・方言の研究は一歩も進まないと言っても過言ではない。英語や日本語などのよく知られいている言語でも、音声学を身につけていないと事実をきちんと観察できないものである。この授業では、音声につきその理論的な理解にとどまらず、実践的な理解をも得ることを狙いとし、具体的な目標を「国際音声字母」が使いこなせるようになることにおく。このため、通常の授業とはかなり異なる形態のものとなる。聞き取りと発音は毎時当てられるものと思ってほしい。若いときほどマスターしやすいので、できるだけ3年次に取ること。
 テキストは、風間喜代三・上野善道・松村一登・町田健『言語学』(東大出版会、7刷以降のもの)および服部四郎『音声学』(岩波書店)を用いる。『言語学』は生協で各自購入。『音声学』は絶版なので別に考える。
評価は、最終日の2限に試験(筆記、聞き取り、発音を含む)により行なう。


科目名    言語学演習(I) 「音韻論」
担当教官   上野 善道 学期:  夏 2単位 曜日・時限 火4
 日本語を中心材料とした音韻論に関する論文で、英語ないし日本語で書かれたものを選び、演習形式で読みながら事実と理論の両面から批判的に検討する。具体的な割り当ては出席者を見てから決めるが、担当者は、割り当て箇所を要約し、論理展開と言語事実のチェックを行なってコメントを述べること。さらに、引用文献の1つについて、その内容を紹介・批判すること。上記の要件を満たしたハンドアウトは1週間前に用意する。
 担当者以外も、質問や批判、自分が知っている言語・方言からの発言などにより、積極的に参加すること。授業中に随時指名するので、担当以外の箇所も予習を怠らないこと。
 読む論文は講義の最初の時間に発表する。
 評価は、担当者としての発表と、最後に提出してもらうレポートにより行なう。


科目名    言語学演習(II) 「日本語アクセント論」
担当教官   上野 善道 学期:  冬 2単位 曜日・時限 火4
 日本語のアクセントについて講じ、また、論文を演習形式で読む。私自身の考えを述べる講義の部分では、日本語諸方言を広く見渡し、主要なタイプを網羅する予定。
 演習で読む論文は、講義にできるだけ連動させながら、随時指定する。
 評価は、演習の担当、最後に提出してもらうレポートにより行なう。


科目名    比較言語学 (I)
担当教官   熊本 裕 学期:  夏 2単位 曜日・時限 月2
 Theodora Bynon, Historical Linguistics, Cambridge: Cambridge UP 1977, 19832, を教材として、比較・歴史言語学の基本的な考え方について学ぶ。毎回学習した部分について、テーマを与えられて英語で1ページの要約を提出したものが平常点となる。これに加えて学期末に、英語で回答する短答式の試験を実施する。


科目名    比較言語学 (II)
担当教官   熊本 裕 学期:  冬 2単位 曜日・時限 月2
 夏学期に学んだことを基礎に、William Labov, Principles of Linguistic Change. Internal Factors, Oxford: Blackwell 1994によって、最新の社会言語学的観点からの研究成果について学ぶ。実施方法は夏学期と同じ。
 前年度までに夏学期のみを履修したものは、今年度の冬学期の単位を取得して、卒業に必要な4単位とすることができる。


科目名    言語学演習(Ⅰ) 「印欧語比較研究 (I)」
担当教官   熊本 裕  学期:  夏 2単位 曜日・時限 金2
 インド・ヨーロッパ語比較言語学の基礎について、最近出版された教科書 (Eva Tichy, Indogermanistisches Grundwissen, Bremen: Hempen Verlag 2000) を読む。なお、この本は簡潔で凝縮された記述をしているので、この分野を深く知ろうとするものは、Oswald Szemerényi, Introduction to Indo-European Linguistics, Oxford: Oxford UP 1996 (pb 1999), またはMichael Meier-Brügger, Indo-European Linguistics, Berlin: de Gruyter 2003のいずれか(あるいは両方)を常に参照することが望ましい。


科目名    言語学演習(Ⅱ) 「印欧語比較研究 (II)」
担当教官   熊本 裕 学期:  冬 2単位 曜日・時限 金2
 前学期の研究をふまえて、音韻論と動詞形態論の領域で最近取り上げられている問題をいくつか扱う。主としてドイツ語(部分的にフランス語ないし英語)で、専門雑誌やFestschrift, Gedenkschriftの類に掲載された論文を読む。


科目名    印度語印度文学特殊講義  「イラン語文献学概説」
担当教官   熊本 裕 学期:  夏冬 4単位 曜日・時限 金4
 ササン朝イラン(3-7世紀)の初期の重要な王であったシャーブフル(Šābuhr)1世(r.241-272)に由来する中期ペルシア語文書を2種類とりあげる。その一つは、ほぼ同時代に活動したマニ教の創始者マニの著作で、唯一中期ペルシア語で直接書かれたと伝えられるŠābuhragānの残簡を、トゥルファン出土の写本によって読む。テクストはD. N. MacKenzie, BSOAS 42/3 (1979) 500-534およびBSOAS 43/2 (1980) 288-310による。
 もう一つは、1936年に発見された、この王のローマ帝国に対する戦勝を記念した3言語碑文(中期ペルシア語・パルティア語・ギリシア語)である。テクストは、Philip Huyse, Die dreisprachige Inschrift Šābuhrs I. an der Ka‛ba-i Zardušt (ŠKZ), 2 Bde, London 1999による。


科目名    野外調査法演習
担当教官   林 徹 学期:  夏 4単位 曜日・時限 木23
 昨年度の野外調査法演習 (I) の履修者を対象とする。昨年度の野外調査法演習 (I)の語彙調査実習で得られたサハ語(ヤクート語)のデータを用いて、音素分析を行ったあと、語彙リストをまとめ、形態素を分析する。こうして言語調査の概略を学んだ後、参加者はそれぞれ独自の調査対象言語とテーマを選び、各自授業時間外に言語調査を行う。途中経過を演習で報告し、他の参加者からの疑問・コメントにより軌道修正を行いつつ、結果を夏休み明けまでにレポートにまとめる。卒業論文に発展させられるような力作を期待する。評価はレポートを主とし、それに授業への参加の度合いを加味することによって行う予定。


科目名    言語学特殊講義 「言語学とフィールドワーク」
担当教官   林 徹 学期:  教養24 2単位 曜日・時限 木5
 自らの母語ではない言語を研究対象とし、かつその言語で書かれた文献も手に入らない場合は、フィールドワークによってデータを集めることが必要となる。本講義では、言語研究におけるフィールドワークがどのように行われるかを説明した後、担当教員自身がこれまでに行ったフィールドワークの事例を、調査方法、得られたデータ、反省点とともに紹介する。昨年度開講の言語学特殊講義「言語学のフィールドワーク」と重複する内容を含む。テキストは用いない。評価は履修者の数により、レポートあるいは試験により行う


科目名    言語学特殊講義(I) 「認知文法入門」
担当教官   西村 義樹 学期:  夏 2単位 曜日・時限 金2
 Ronald. W. Langackerの認知文法への導入を行いつつ英語で書かれた言語学の書物や論文(Langacker、John R. Taylorなどのもの)を速く正確に読む力の養成を目指す授業。比較のために、生成文法の本質を見通しよく論じた(Chomsky、Pinkerなどの)文章も合わせて読む。言語理論に関する知識は前提にしないが,授業への積極的な参加と数回の課題の提出が求められる。授業で読む文献のマスター・コピーはこちらで用意する。


科目名    言語学特殊講義(II) 「言語とカテゴリー化」
担当教官   西村 義樹 学期:  冬 2単位 曜日・時限 未定
 下記の書物(昨年出版された第3版)をテキストにして、言語とカテゴリー化の関係を多角的に考察する。最初の数回で認知言語学を初めて本格的に学ぶ人たちのためにこの理論の全体像を簡単に紹介した後に、テキストに沿って話を進める。特に重点的に扱う予定のテーマは,(1) プロトタイプ、(2) 百科事典的意味論、(3) 多義性、(4) 隠喩と換喩、(5) 文法の意味的基盤、などである。テーマによってはテキスト以外の文献(例えば同じ著者のCognitive Grammar)を併用する。認知言語学に関する予備知識は前提としない。基本文献表は初回に配布する。テキストがすぐには入手できない人はこちらで用意する最初の数章のマスター・コピーを利用されたい。成績評価は平常点およびレポートによる。
 テキスト:
 J. R. Taylor (2003) Linguistic Categorization. Oxford University Press.


科目名    言語学演習 「認知文法研究」
担当教官   西村 義樹 学期:  冬 2単位 曜日・時限 未定
 下記の書物を一応のテキストにして、認知文法の言語理論における位置づけ、理論的基盤と特徴、この理論による重要な言語現象の具体的分析、等を詳しく検討する。認知文法に接するのは初めてでもよいが、「言語とカテゴリー化」で扱う程度の知識は身につけておくことが望ましい。テーマによっては他の文献も併用する。評価は平常点とレポートによる。テキスト以外の文献のマスター・コピーはこちらで用意する。
 テキスト:
 J. R. Taylor (2002) Cognitive Grammar. Oxford University Press.
 参考書:
 R. W. Langacker (1990) Concept, Image, and Symbol. Mouton de Gruyter.
 R. W. Langacker (1999) Grammar and Conceptualization. Mouton de Gruyter.


科目名    言語学特殊講義 「日本語文法の諸問題-日本語教育への視点も含めて」
担当教官   菊地 康人 学期:  夏冬 4単位 曜日・時限 水3
 個々の語の用法や構文の成立条件を分析し、正確にとらえる(過不足なく記述する)ことは、どの言語でも意外に難しいものだが、日本語では助詞・助動詞・評価副詞等について特にそれが顕著である。私の授業では例年そのような話題を幾つか取り上げ、ことばの魅力と奥深さを味わいながら、ことばを分析するセンスを磨く(できれば理論化につなげる)ことを目的としているが、本年度も、具体例を変えて、こうした趣旨の授業を行う。継続する受講者に配慮して、すでに取り上げた例(たとえばハとガ、サエとデサエ、せっかく等)は避けるが、この種の例を、学生諸君とも相談して幾つか選んで取り上げ、分析していく(一例としてノダの分析などが考えられるが、他にもいろいろな可能性がある)。日本語教育への視点や、一文を超えたテキストのレベルの視点も適宜加えたい。
 講義形式だが、学生諸君からの発言を歓迎し、ともに考えていく授業にしていきたい。予備知識は多くを求めないが、十分に出席することと、自分で言語現象を観察・分析する意欲をもつことは、受講の必須条件である。教科書は特に使わない予定。


科目名    言語学特殊講義 「アイヌ語」
担当教官   中川 裕 学期:  夏冬 4単位 曜日・時限 金5
 アイヌ語は日本国内を「固有の」分布領域とするふたつの言語のうちのひとつであるが、もうひとつの言語である日本語とは、語彙および文法の点において著しく異なり、歴史的な関係はむしろ薄いと考えられる。本授業では、特に文法面において日本語と異なる点を中心にアイヌ語を概観する。ただし、言語の普遍的な特性としてアイヌ語と日本語の間に共通性を見ることのできる部分ももちろん数多くあり、類型論あるいは普遍文法で問題になるそのような共通性についても議論していく。また文法面だけでなく、社会言語学的な情報や、文化に関する情報も随時紹介し、アイヌ語アイヌ文化への理解を深めてもらうことにする。テキストは授業中に配布する。評価はレポート(数回課す予定)で行う。
 参考文献:田村すず子「アイヌ語」『言語学大辞典セレクション 日本列島の言語』(三省堂、1997) 


科目名    言語学特殊講義「東南アジア大陸部の諸言語」
担当教官   峰岸 真琴 学期:  夏 2単位 曜日・時限 金4
 東南アジア大陸部には,オーストロアジア,タイ・カダイ,チベット・ビルマ,ミエン・ヤオ系の諸言語が,モザイク上に分布している。これら,いわゆる孤立語的な声調言語は,その北に分布する東アジアの諸言語とともに,大きな言語地域をなしているとも考えられる。講義前半では,東南アジア諸言語の音韻,形態,統語上の特徴を概説し,その類型的特徴が言語記述・言語理論上,どのような含意を持つかを検討する。
 講義の後半は,前半での議論で定義された理論上の問題を,受講者各自の研究テーマに関連させて発表してもらい,議論を行いたい。発表は大学院生を中心とする。成績評価は各自の研究テーマに関わる個別言語あるいは理論上の問題についてのレポートで行う。


科目名    言語学特殊講義 「社会言語学」
担当教官   日比谷 潤子 学期:  夏 2単位 曜日・時限 集中
 この授業では言語変異に焦点を当て、Eckertの分類(http://www.stanford.edu/~eckert/thirdwave.html参照)に従い、まずその歴史的変遷を三期に分けて概観する。次にデータ収集・分析方法論上の諸問題を論じ、音韻・統語変異を扱った先行研究を批判的に検討する。スタイル変異にも触れる。自ら、データ収集・分析に積極的に取り組みたいという受講生を歓迎する。
 テキスト:Milroy, L. and Gordon, M. (2003) Sociolinguistics: Method and Interpretation. Oxford: Blackwell.


科目名    言語学特殊講義 「比較文法論講義」
担当教官   鷲尾 龍一 学期:  冬 2単位 曜日・時限 集中
 諸言語との比較を通して日本語の性質を探ると同時に,多言語比較を試みる際に生じるいくつかの根本的な問題について考える.議論の根底にあるのは,多言語比較における有意義な抽象度とは何か,歴史的・類型論的説明の及ばない言語間の類似性をいかに捉えるべきか,分析対象となる現象自体の類型と言語の類型にはどのような関係が成立しうるのか,などの一般的な問題であるが,具体的には,結果表現,受動表現,助動詞選択,使役交替,非対格仮説などが中心的なトピックとなる.対象言語としては,上代および現代日本語,朝鮮語,モンゴル語,オランダ語,英語,ドイツ語,フランス語などを取り上げる予定.ただし日本語と英語以外の言語に関する予備知識は必要としない.
〔テキスト〕特定の教科書は用いず,毎回ハンドアウトを用意する.
〔評価方法〕全回出席を前提とし,その上で,議論への参加度,試験あるいはレポートの成績などから総合的に判断する.


科目名    言語学特殊講義 「言語調査の実際と言語の分析法」
担当教官   梶 茂樹 学期:  夏 2単位 曜日・時限 集中
 どこか現地に行って、知らない言語を調査する場合を想定し、言語調査法を講義する。特別な音声学的知識は必要としない。言語調査にはトータルな言語学的知識が必要であって、音声学的知識だけが突出していても、知らない言語を分析し書き取ることはできない。具体的には、タンザニア、ウガンダ、あるいはコンゴのバンツー系の言語のテープを聞きながら、授業を進める。また、言語調査に付随する様々な文化現象の研究についても解説する。具体的には諺、人名、地名、民話などである。
 テキストは、しいて指定しないが、梶 茂樹著『アフリカをフィールドワークする』(大修館書店, 1993)には、授業で扱う事柄が触れられている。


科目名    言語学特殊講義 「日本語の使役」
担当教官   早津 恵美子 学期:  冬 2単位 曜日・時限 木4
 日本語の使役(使役文)についていくつかの観点から考察する。日本語の使役は、英語などの使役(causative)と異なり、形態論的かつ構文論的な現象である。この授業では、使役動詞(V-(s)aseru)の認定、使役動詞と他動詞、使役文の構文的な諸特徴、使役文の文法的な意味の種々相、使役表現と類似の諸表現(受身、シテモラウなど)との異同、などの問題をとりあげる。それぞれについて、現代日本語の言語事実の観察にもとづいて具体的に考えることが中心になるが、参加者の知っている他言語の様相を紹介してもらうかたちで対照できればと思う。
 授業は、配布するハンドアウトをもとにすすめ、適宜、参考文献を紹介する。
 成績は、学期中の数回の課題および学期末のレポートによる。


言語学専門分野(大学院)

科目名    演習 「言語学演習」
担当教官   上野・熊本・林・西村・菊地・福井 学期:  夏冬 4単位 曜日・時限 月3
 大学院生が研究発表をし、それを教官や他の大学院生が批判・検討する.大学院生は原則として発表を1回行い、他の発表に対するコメンテータを2回勤めなければならない。


科目名    特殊研究 「韓国語語彙史の諸問題」
担当教官   福井 玲 学期:  夏冬 4単位 曜日・時限 月2
 韓国語の語彙の歴史的変遷、個々の語の由来や語源などについて、主として次の2つの観点から研究を行なう。(1)借用語に関してその由来を明らかにする。(2)方言調査から得られた語形に関して、言語地理学的方法も取り入れて、その由来や変遷を明らかにする。授業の進め方については、当初は下記の参考図書により、これまでの研究を概観し、その後、具体的な事例について学生諸君と討議していく。
 参考図書:李基文『国語語彙史研究』ソウル:東亜出版社 1991


科目名    特殊研究 「高次脳機能生理・病態学」
担当教官   高山 吉弘 学期:  夏 2単位 曜日・時限 火3
 音声・言語をはじめ、記憶・認知など高次脳機能研究は学際的領域である。本講義では、機能的MRI、脳波などによる高次脳機能の人への生理学研究につき述べる。また、失語・失認など高次脳機能障害についても述べる。


科目名    特殊研究 「音響音声学」
担当教官   広瀬 啓吉 学期:  夏冬 4単位 曜日・時限 水3
 夏学期は特に音響音声学の観点から音声生成に関して輪講する。(どのようにして音声のスペクトルが得られるのかなど。)冬学期は LPC分析、テキスト音声合成、隠れマルコフモデル、音律の処理など、音声分析・合成・認識等の工学的な側面に関して講義を行う。最後の2回程度の時間を計算機を利用した音声処理に当てる予定であるが、講義の進行具合による。(進め方については、初回の講義の際に相談する)



[時間割] 「時間割」に戻る

[Back to Home] トップページに戻る