最終更新 hkum 2001/09/12

東京大学言語学論集

(Tokyo University Linguistic Papers)


第18号(1999年 9月)
論文

著者 タイトル 要旨
上野 善道
与論島東区方言の用言のアクセント---付 体言のアクセント資料---
3-160 要旨
IIDA Asako
Classifiers for Counting Actions and Events: Comparison between "kai" and "do"
161-182 要旨
陳 南澤
韓国語の音素と音素連続に関する計量言語学的研究
183-214 要旨
林 徹
ベルリン・トルコ語におけるドイツ語動詞成分の挿入
215-230 要旨
笹原 健
ドイツ語の二重「話法の助動詞」構文の成立条件
231-256 要旨
杉本 浩一
古英語West-Saxon方言散文作品に見るmicel, manigおよびfela('much, many')の用法の異動について
257-320 要旨
湯川 恭敏
ンバラヌ語動詞のアクセント 311-366 要旨
蝦名 大助
ケチュア語クスコ方言の-spa節と-qti節 367-383 要旨

1998年度修士論文・卒業論文題目一覧および修士論文要旨 385-396

1998年度修士論文題目一覧

韓国語テグ方言のアクセント体系
李 連珠
中期韓国語における漢字音のアクセント体系について
伊藤 智ゆき
モンゴル語の使役
梅谷 博之
アラビア語チュニス方言(チュニジア)の否定形式について
熊切 拓
Zu den doppelten Modalverben des Deutschen
SASAHARA Ken
古英語West-Saxon方言散文作品に見るmicel, manigおよびfela('much, many')の用法の異動について
杉本 浩一
日本語の主要内部内在型関係節の研究
高山 智也
現代中国語の「給」について
田中 智子
The Predicate Structure of Bolivian Guarani-Chiriguano
Sang-Won PECK

1998年度卒業論文題目一覧

茨城方言の概要
飯田 雅尚
朝鮮語に見る外来語一考察
於保 孝市
Reduplication in Uzbek
FURUYA Kaoru





  『東京大学言語学論集』 (TULiP) バックナンバー一覧へ


ホームページへ