最終更新 hkum 08/24/2002

東京大学言語学論集

(Tokyo University Linguistic Papers)


第21号 (2002年 9月)
論文

著者 タイトル 要旨
UWANO Zendo
Tonogenesis in Japanese
3-16 要旨
陳 南澤
日本語における子音の変遷について −朝鮮資料の音注を中心に−
17-102 要旨
李 連珠
韓国語大邱方言アクセントの音韻論的解釈
103-121 要旨
河須崎 英之
中国で話されている朝鮮語の動詞アクセント
123-145 要旨
芦村 京
モンゴル語ジャロート方言の"-lε:"の用法について
147-200 要旨
杉本 浩一
古英語West-Saxon方言の二重対格動詞
201-245 要旨
吉田 浩美
バスク語アスペイティア方言の動詞の単純形について
247-305 要旨
WAKASA Motomichi
A Note on the -ett- Derivative in Wolaytta 307-343 要旨
上野 善道
見島方言のアクセント調査報告 345-395 要旨

2001年度修士論文・卒業論文題目一覧および修士論文要旨 (397-400)

   2001年度修士論文題目一覧

サハ語(ヤクート語)のPaired Words
江畑 冬生

   2001年度卒業論文題目一覧

聖書ヘブライ語におけるDativus Commodiの意味について−主にホセア書を題材として−
高橋 洋成
シベ語口語における疑問文の形式について
児倉 徳和
動詞の連用形における連濁について
千葉 倫之
上海語 音声・音韻についての考察
柏原 秀俊
福井県大野市地方の方言研究
片野 美菜子
栃木方言についての概論及び栃木県出身若者による使用状況調査・分析
渡邊 将人





  『東京大学言語学論集』 (TULiP) バックナンバー一覧へ


ホームページへ