最終更新 11/17/2011

東京大学言語学論集

(Tokyo University Linguistic Papers)


第32号 (2012年9月)
論文

著者 タイトル 要旨
安達 真弓
ベトナム語の遠称指示詞kiaとkìaについて
1-10 要旨
江畑 冬生
サハ語(ヤクート語)の後置型連体修飾と数の一致
11-22 要旨
岩崎 加奈絵
ハワイ語における機能語‘ana
23-36 要旨
熊切 拓
アラビア語チュニス方言のアスペクトを表示する前置詞—その統語的特徴と意味—
37-66 要旨
三好 彰
『英和対訳袖珍辞書』の構成法の考察
67-84 要旨
野田 高広
アスペクト形式「ている」の成立について
85-108 要旨
荻原 裕敏
トカラ語Bの『Avadāna写本』断片について
109-244 要旨
大槻 知世
津軽方言の推量形式「ビョン」の意味変化に関する解釈
245-254 要旨
酒井 智宏
矛盾分と自然言語における規範性の源泉
255-276 要旨
SASAKI, Mitsuya
Patient-noun Formation in Classical Nahuatl
277-304 要旨
高山 林太郎
岡山市方言の複合動詞のアクセント
305-332 要旨
資料・研究ノート

著者 タイトル 要旨
石塚 政行
バスク語レクンベリ方言の絶対格とゼロ
333-344 要旨

  『東京大学言語学論集』 (TULiP) バックナンバー一覧へ


ホームページへ