Yagmur 博士講演会の報告

去る5月24日(水)に、Tilburg University の Kutlay Yagmur 博士をお招きして講演会を開催しました。講演会、懇親会とも、多数のご参加、ありがとうございました。当日の発表資料をご提供いただきましたので、こちらにアップロードいたしました。

東京大学五月祭「言語学喫茶」

来る5月20日、21日の東京大学五月祭では、言語学研究室の学生有志による「言語学喫茶」が法文1号館2階の212教室で開催されます。言語や言語学に関心のある方は、ぜひお立ち寄りください。

第17回東京移民言語フォーラム(TAFIL17)

第17回東京移民言語フォーラム(TAFIL17)を下記のとおり開催します。皆様の参加をお待ちしています。

テーマ:Immigrant Multilingualism versus Language Education Policies in Europe

日時:2017年5月24日(水)17時〜19時

会場:東京大学本郷キャンパス文学部3号館6階
   言語学研究室(演習室)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_05_03_j.html

講演者:Kutlay Yagmur (Professor, Tilburg University)

概要:
Immigrant multilingualism is at the crossroads of many academic disciplines. Educational specialists, policy makers, linguists, social psychologists and immigration researchers are equally interested in immigrant multilingualism.
In this presentation, immigrant multilingualism is discussed from a variety of perspectives. Discussions surrounding language maintenance/shift, language loss, bilingual language acquisition, the relationship between school achievement and bilingualism, social inclusion and exclusion of immigrant groups are presented. Based on Language Rich Europe project, European policies on multi-lingualism is discussed to show the rich variation in the European countries.

共催:
東京大学文学部言語学研究室
科学研究費助成事業・基盤研究 (B)
「学校を通して見る移民コミュニティの多言語使用と言語意識」

問い合わせ先:林徹