小倉文庫朝鮮書籍画像と目録

1933年から43年まで本研究室の教授を勤められた小倉進平先生は、朝鮮語(韓国語)研究に大きな足跡を残されました。ご遺族から寄贈された蔵書の中には、李氏朝鮮時代の書籍(朝鮮書籍)も多く、それらは文学部漢籍コーナーの管理のもと閲覧に供されています。また現在、高麗大学との共同事業として、デジタル化も進められています。
ここに公開するのは、それに先立ってアジア・アフリカ言語文化研究所によって高解像度撮影された朝鮮書籍の画像です。画像はこちらからご覧ください。

また、本研究科の福井玲教授の作成された小倉文庫朝鮮書籍の目録を、福井教授のご厚意によりここに公開させていただきます。あわせてご利用ください。